伊賀見古墳群

松江市宍道町下白石、国道9号線白石交差点から600mほど南下すると、左手の水田中に丘陵が見えてきて、その手前の三叉路脇に伊賀見古墳群への標識があります。標識に沿って東に進むと、右手の丘陵脇に古墳の説明板があり、その横から丘陵頂上の古墳群まで獣道が続いています。詳しくは左記の地図を参考にしてくだい。
上記のパノラマ写真は、伊賀見1号墳と2号墳のショット。一見、前方後方墳みたいですが、別個の方墳です・・・多分。説明板には、やっぱ前方後方墳?みたいな記述がありますが、そこはスルーで。(;・∀・)
1号墳墳丘。1号墳は石室天井部が消失しているので、覆屋を設置して保護しています。
石室全景。開口部からのショット。一番手前が開口部(石材で封鎖)で、続いて2mほどの
羨道があり、石室開口部はまた閉塞石で封鎖されています。その奥には、石棺式石室が・・・
石室開口部を封鎖している閉塞石。見事な「廾」の陽刻が残されています。大きさは縦横50cmほど。石材の材質は砂岩ですが、よくこれだけ鮮明に残っているものだと感動しました。( ;∀;) カンドーシタ
同じ松江市の北小原2号横穴墓の閉塞石の陽刻と見比べてみてください。
玄室。縦横高さが1.5mほどの立方体空間。写真左下に開口部が見えます。石室は石障で2つに区切られていて、写真奥側が死床だったようです。松江市の大草古墳群の古天神古墳の石障に酷似している点に注目。
玄室から開口部。陽刻のある閉塞石の背面が見えています。石材全体に、細かい鑿の跡が残っているのがイカス。古代のロマンを感じますな・・・
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
1号墳から見た2号墳。
2号墳墳頂。石室の石材らしきものは見当たりません。・・・やっぱ前方後・・・いや、何でも無いッス。 (;・3・)~♪ この古墳もムービー撮影しましたので、この閉塞石の陽刻をジックリご覧下さい。
YouTube Preview Image

      伊賀見古墳群    総合評価          
   ビギナーお薦め度  貴重な閉塞石が見学できる古墳。 お薦めです。
   マニアお薦め度  ちょっと遠いけど、北小原2号横穴墓とセットで見学
 するといいかも。
  交通アクセス状況    駐車スペース無し。 下車後徒歩約3分。
  観賞のポイント  天井石が無いので、石棺式石室の構造がよく分かります。 閉塞石の陽刻、
 石障、石材表面の加工痕など、見どころいっぱい。
  その他の注意点   冬季推奨。 夏季はマムシ・ハチに注意。

カテゴリー: ビギナー3, マニア4, 島根, 松江市, 総合評価4   パーマリンク

コメントは停止中です。